販売・工事について

『蓄電池』を導入することにより、
発電した電気を『自家消費』することが出来ます。

屋根の上の太陽光パネルで発電した電気を、FIT<余剰電力買取制度>終了後、電力会社に安値で売電せず、蓄電池に貯め、蓄電池に貯めた電気を消費するほうがお得です

太陽光発電の絶対的パートナー「蓄電池」
TV東京の報道番組ワールドサテライトでも取り上げられています。

2019年にFIT終了を迎える設備は56万件 その後も毎年20万件程度は次々と終了を迎えます。

昼間太陽光パネルで発電した電気を、冷蔵庫やエアコン、洗濯に使い、余ったら『蓄電池』に蓄え、夜間に蓄電池に充電した電気を使えば電気の自家消費が出来ます。

留守の時などは「蓄電池」が満充電に成るので、余った分は電力会社に売電する。
(たとえ安い金額でも余った分は売電すれば収入に成ります。)

自家消費する事で台風や地震などの災害時でも電気が使え安心して暮らすことが出来ます。

そこで、私たちの一番おすすめの『蓄電池』の選び方ですが、各メーカーから多種多様の機種が販売されていますので
その中から、どう選べばいいのか?

nor

弊社は、上記メーカーの一次卸から直に仕入れをさせて頂いておりますので、どのようなご要望にもお答え致します。

お客様の条件に最適な『蓄電池』をご提案させて頂きます。

しかし、目的が儲けたいのなら蓄電池の導入はお勧めできません、何故なら蓄電池は高価な商品ですので電気代が安くなったからと言って
10年から20年は元が取れないのです。<購入金額に依りますが?>

私たちは、以上のことを踏まえて『蓄電池』選びをサポートさせて頂きます。